世の中は三日見ぬ間の…

一ヶ月ほど散歩とブログから遠ざかっていたら、季節の進みに取り残されたような気がします。

西日本の豪雨や酷暑による熱中症など、明らかに地球がおかしくなってると感じずにはいられません。

7月の函館は荒れた天気こそ少ないものの25度超えの夏日が早くも7日、そして日差しが無い。

20日間で積算日照時間が29時間程、農作物にも影響が出て来るのかな?



久しぶりに四季の杜公園小川のゾーンを歩いて来ました。

ここの紫陽花もそろそろ見頃です。


セミの鳴き声も聞こえずトンボも少なく、それ程夏らしさが感じられない散歩でしたが夏の花、ハナショウブが咲いてます。


夏には珍しい真っ赤な実をつけたのは??エゾニワトコかな??


彼方此方で見かけたのは1センチほどの小さなアマガエル、陸上生活を始めたばかり?