雪に埋もれた大三坂を歩く…

今日は二十四節気のひとつ「雨水」、暦の上では雪が雨に変わり、雪や氷が解け水となり、草木も芽吹き始める時期ですが、函館の街はすっぽりと雪に包まれてます。


先週の土曜日、所用で末広町へ出かけ、ふと見上げた大三坂です。


雪の少ない年なら路面はツルツル、転んでは危ないなと歩こうとも思わない急な坂道ですが、何故かこの雪に埋もれた坂道を歩きたくなりました。

時々吹雪いたり青空がのぞいたりの空模様の中、300mほどの大三坂を登り、ハリストス正教会カトリック元町教会を眺めながら、更に100mほど続くチャチャ登りまで歩いて来ました。


辛うじて雪が寄せられた歩道と車道。


こんなに雪の多い冬、ご近所さんはどんな生活をしてるのだろう?…余計なお世話か(笑)


途中で歩道が消えた!


200mほど登ると教会の十字架が見えてきたが、早くも息切れフ~フ~ハァ~ハァ~。


もうひと頑張り、チャチャ登りだ!


ソリで滑り降りれたら楽しそうな坂道。


ああ~熱いコーヒーが飲みたい!

滑って転ぶことなく帰ってきましたよ(笑)



matsusun.hatenablog.com