不吉な予感も…

昨日「がん罹患率 道内高め」なんて言う新聞記事を読みながら朝食、愛用しているマグカップにコーヒーを注いだとたん“パチン”と音がしてカップの底が抜けた(涙)。


3年ぐらい使ったかな?こんなカップにも経年劣化なんてあるのかな?なんて思いながら、明日は今年後半の検査、ちょっと不吉な予感も…。


そして今日午前中検査へ。

いつもは10分ほどで呼ばれる採血も20分以上待ち呼ばれる。

造影剤を注射する太い針を刺し(痛いよ!)採血しCT撮影室へ移動、ここではすぐに呼ばれ撮影終了です。


ここから診察までの待ち時間が長いが1時間越えは覚悟している。

いつもは「今日も大丈夫だろう」と気楽に人間観察などしながら待っているのだが、昨日のカップのこともあり今日は不安で落ち着かない。

45分ほどで呼ばれたがえらく長く感じた。

「matsusun体調いかがですか?」

「変わらず調子いいです」

「今日の結果も良いですよ」

モニターでCT画像を見ながら診断結果のコメントを読んで…「ほっ!」

何と長い半日でした(笑)



昨晩の雨もあがりスッキリとした青空、帰りに公園によりトンボ撮りです。

秋のトンボは枝や葉にとまり翅をハの字にしてると、かなり近づいても逃げません。


「勝ち虫」とか「前にしか進まないので潔い」なんて言われ縁起の良い昆虫だそうです。

紅葉してきた葉もちらほら…赤とんぼ~っ!


時が来ればこんなこともあるさ…。