読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の日、そして暦の上では夏…

私のなかでは“こどもの日は春”なのですが今日は“立夏”暦の上では夏です。

昨日は函館の気温も20℃を越え初夏のような陽気でしたが今日は少し涼しくなり春らしい日です。


2日から八雲町にキャンプに出かけていた息子一家が帰りに我が家に寄りました。

孫娘達

「おじいちゃん、久しぶり、キャンプ楽しかったよ」
「お帰り…○○ちゃんおみやげは?」
「な~い!」
「え~っ、お土産待ってたのに」
「おみやげ話しならいっぱいあるよ」
「おみやげ話じゃなくておみやげがいい…おみやげ!おみやげ!!」
「おじいちゃん、子供みたいなこと言わないの」
「(笑)今日は子供の日だからいいんじゃない…」
「おじいちゃん、子供の日のことを端午の節句って言うの知ってる?」
「ダンゴの節句…おみやげダンゴ(笑)」
「ママ~っ!おじいちゃん狂ってる!」

子供の日、歳をとると子供に戻るって言うよね。


天気に恵まれた連休ですが明日の予報欄には傘マークが付いてます。

雨の前に近所の公園の桜も見ておくかなと自転車でひとまわりです。

目線が変わるとこんな様子も目につきます。


北海道の花見はやっぱりこれ、美味しそうに肉が焼ける匂いです(昭和公園で)。


今年も春先に野鳥のウソに花芽を食べられボリューム感の少ない桜が多いようですが、ここの桜はボリューム満点(市立病院横の公園)。