亀八さんでどんど焼き…

穏やかに新年を迎えてから、日中の気温が3~4℃と毎日暖かな日が続いてます。

今日は5℃を越え積雪もゼロ、まるで3月のような陽気の中、亀八さん(亀田八幡宮)へどんど焼きに行ってきました。

玄関に下げた注連縄を外し、お昼前に一人で出かけたのですが神社へ向かう道は車の渋滞、駐車場へ入ることも出来ずいったん家に戻り妻を連れて出直しでです。

少し離れた道脇に停車、妻を車に残し「ちょっと写真も撮るから20分ね」と境内へ向かいました。


天気も良くまだまだ大勢の初詣客も、並んだ絵馬は合格祈願でいっぱいです。


拝殿で手を合わせたあとどんど焼きへ。

子供の頃のどんど焼きは燃え上がる炎や煙に手をかざし無病息災をお祈りした記憶があるのですが、今はただ古いお札や松飾を焼却処分するだけの行事かな?ちょっと淋しいですね。

焼却場前に置かれた御神酒と賽銭箱だけが正月の雰囲気かな?


これまで亀八さんに寄っても全く気にすることもなかったニワトリ、酉年の今年はちょっと気になり寄ってみる。

「鶏恩の塔って言うんだ」と背に書かれた説明を読んでみた。

“道南養鶏の発展に寄与した諸先輩たちの足跡を偲び今日ある鶏恩に感謝し鶏魂慰霊の誠を捧げ・・・・”と。


クリスマスに食べたチキンも美味しかった。

えっ!夕食は鶏の水炊きだって。

よし、日本酒を添えて感謝しながらいただこう(笑)