読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋晴れの下海岸を走る(2)…

北海道と本州最短の地、汐首岬をまわると戸井漁港の先にマッコウクジラのような岩(武井の島)が見えてくる。


下海岸は道南でも絶好の釣りスポットだそうで、天気の良いこの日は彼方此方の岩場で釣り人を見かけた。

この時期、何が釣れるのだろう?おっきなクジラでも釣れる??(笑)


釣り竿を持たない小父さんは何を採ってるのだろう?


岩場が続く海岸線に砂浜が見えるとビーチコーミング気分で歩きたくなるが今日は我慢、それにしてもあのサッカーボールが気になるな。


大きな岩をくり抜いたようなトンネルを抜けると戸井の漁港。

断崖と武井の島に囲まれた港は静かで水が奇麗、島の祠には何が祭られているのかな?


漁港を後にしばらく走り日浦洞門に差し掛かった辺りから眺めると、クジラも姿が変わり右の岩場が餌を狙うライオンのように見えた。

えっ、手前の小さな岩はワニの背中?…発想の貧弱さを反省です。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村