読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木古内駅へ寄る…

小さな旅

知内で青函トンネルを抜けてくる新幹線を30秒眺めた帰り(笑)木古内駅へ寄ってみました。

木古内の町には父親の仕事の関係で幼稚園、小学校1、2年と3年間住んでいたことがあるのですがはるか昔のこと、町並みの記憶は殆どありません。

時々国道を走ることはあっても、駅の近くへ寄ることも無く通り過ぎるだけです。

駅前通りも整備されたようで新築の建物ばかり、駅舎をはさむローターの向かいには道の駅「みそぎの郷 きこない」も出来てます。

木古内町の玄関側?海に面する南側は新幹線開業に伴い江差線をJRから引継いだ道南いさりび鉄道の駅舎、その奥に新幹線駅舎です。

道南いさりび鉄道の駅舎から入るとすぐに2階へ上がるエスカレーターと階段です。

新幹線駅舎に繋がる渡り廊下途中に道南いさりび鉄道の待合室と改札口、江差線の様子そのままかな?

杉の香りのする渡り廊下を通り新幹線駅舎へ、窓から見える線路、右の高架が新幹線、青森方向です。

新函館北斗駅新青森の途中駅(青森側には奥津軽いまべつ駅があります)人の姿も少なく寂しい駅?・・・北側、新幹線駅舎正面です。

改札口と券売機、待合室、ここでも殆ど人の姿がない。

ゴールデンウイークには混雑するかな?

少々不安になる木古内駅探索でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村