読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新函館北斗駅探索(4) 2階駅施設で…

北口へ繋がる通路へ出ると右側はみどりの窓口や改札口、左側の窓の前には沢山の人が集まってます。


ちょうどホームの真上に位置するここでは、新幹線車両が上から眺められます。


中央にある時刻表を見ると10:25着はやぶさ1号を待ってるようです…あと8分…写真が撮れたのは列車がいなくなり人が捌けてからでした。

壁のステンドグラスのような飾りは「ムクムク 水と光と大地に捧げる詩」五十嵐威暢と…


みどりの窓口を覗いてみると券売機もありますが、「えっ!開業3日目なのに空席ばかり…」

新幹線改札口…次は12:44はやぶさ22号東京行き、到着は12:22はやぶさ5号、両方見られそうだ。

在来線改札口も。

新幹線改札口と在来線改札口の間に在来線券売機、その後ろには記念スタンプ台が置かれてました。

入場券を買ってホームに降りる前に北口まで行ってみる。

広い通路は人も少なく静かです

壁には松前藩家老で画家の蠣崎波響の夷酋列像のレプリカが飾られてます。

通路の窓からは函館方向と札幌方向の線路が眺められますが、ホームへ列車を見に行かなくてはならないので、ここから列車が入ってる写真は撮れなかった…残念!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村