読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウスポーからタコオヤジ…

日常・雑記

今頃新年会でもないのですが、今年最初の飲み会でした。

4人の酒好きが集まって始まった飲み会、いつの間にか会の名前が「サウスポーの会」となっている。

御存知と思いますが、大工さんや石工さんは右手に槌を握り左手に鑿(ノミ)を持って仕事をする。

ノミ(飲み)は左手が転じ酒飲みのことを「左利き」

そこからこの飲み会が「サウスポーの会」となったのですが、一人が一昨年旅立ち3人の会になってます。


ここから飲み会での会話(濁点の多い函館弁)です。

N:ノブさん(会長)、Y:やまちゃん(副会長)、私M:まつさん(会員)

N「まつさん、うちのオッカがまつさんと1回飲みてぇつて言ってたで」
M「連れて来ればいいのに」
N「バガ言うな、オッカがいたらオレ疲れで飲めねえべや」
Y「あれぇ、家で仲よぐ一緒に飲んでるって話でねえの?」
N「家と外は別、もし連れで来たらやまちゃんとまつさんで面倒見てくれるが?」
Y「おお、見でやるで、朝までまつさんと二人で見でやるわ(笑)」
N「朝まででなく一生面倒見でければいいな(笑)オレ助かるで(笑)」
  ・
  ・
  ・
N「ところでな会の名前変えねえが?」
Y「何でまだ急に?」
N「まつさんオレらより10も若いったってもういい歳だべ、サウスポーってかっこよすぎね?清原も捕まったし(笑)」
Y「清原??右だ(笑)」
M「べつに名前が何だって飲むのは同じで、なんか気に入った名前でも見つけた?」
N「やまちゃんとオレの頭見れ、タゴだタゴ、タゴオヤジ(笑)どら、まつさん頭出せ…オメエまだ入会認められねえな」
M「なにそれ?」
N「全盛期の7割以上毛が無ぐなったら入会認める、オメエまだ2割5分だ」
M「白髪はだめかい?それじゃ会長と副会長二人だけだ…それはないわ」
Y「但し会友の参加は随時認めるってやつだべ(笑)」
M「いいよ、あんたら二人で飲んでるとき、オレ、ノブさんのカアサンと二人で飲むか…フリンの会(笑)」
N「おお〜ババアで良かったらいずでも貸すで」

サウスポーの会唯一の会則「二次会なしの二時間以内」…相変わらずバカ話が肴の飲み会でした。

写真がないな、酔っ払いだな、ダラダラ書いてしまった…反省!(≧≦)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村