読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館漁港とウミネコ団地…

昨日は大寒、この時季の寒さは“身を切るような寒さ”などと言われますが、昨日も今日も何となくほんわかとした日を過ごしているオジサンです。

吹雪のあとの日差しが春っぽい?雪かきがないからかな?

暦の上で春がやってくる節分は二週間先、来週はじめはガッツリ冷え込みそう、まだまだ気を緩める訳にはいかないようです。


お出かけの帰り函館漁港へ寄りました。

凪いできた海へ漁に出かける船だろうか?吹雪の名残りも。

何となく哀愁を感じるのは何故?

漁港の外にはウミネコ団地…何時からかな?オジサンだけがそう呼んでいるだけなのだが。

ここへ並べられたテトラポッドには、いつもウミネコが、棟番号も部屋番号も無いけれど、お決まりの場所があるのだろうか?

「おっ!新入居者?」一羽だけウミウがいますが、わかりますか?


昨日、大寒たまごの話をしていたが、今日午後のコーヒータイムは…

大寒前に生まれた卵ですが、賞味期限内でございま〜〜す。」
「もう少し金運と健康運が上がるような出し方ないのかよ〜。」
「じゃ、食べない?」
「食べる!」



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村