穏やかな大寒と寒たまご…

暦の上では一番寒い日とされている大寒です。

大荒れのあとの大寒、気温はやっとプラスかなと言うほどですが、春のような日差しで気持ちよい日になりました。

雪かきも無し、サロ○パスを貼った肩や腰も回復し散歩の足取りも軽やかでした。

 

昨晩ネットを見ていると大寒たまご”と言う文字が「これって何?」と読んでみた。

大寒に日に生まれた卵は滋養に富み、食べると健康になり金運も上昇する」

「ヨシ!明日の朝食は卵だ!」

今朝のことです。

料理が全く不得手なオジサン、角食を焼くこととカップ麺にお湯を入れることぐらいしかしないのに“ベーコンエッグ”を自分で作った。(ちょっと偉そうな気分で書いてる)

「お父さん、どうしたの?また吹雪になると困るから変なことしないでよ」
「変なこと?!…大寒に生まれた卵を食べると金運や健康運がアップするんだって」
寒たまごでしょ。冷蔵庫の卵、日曜日に買ったのだから生まれたのは一週間ぐらい前じゃない?

たまに動くとこんなことか…ああ、やっぱり今年も食べるだけにしようかな(☍﹏⁰)。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村