駅前広場イルミネーション“光の小道”…

12月に入り函館の街はイルミネーションに包まれてます。

晩酌を我慢して夜のお出かけを楽しもうと思ってるのですが、空を眺めては「どうしようかな?」と考えるだけで足が動き出しません。

「クリスマスファンタジーは25日まで、街中のイルミネーションは来年2月いっぱい、今日でなくても良いか」と一杯飲む準備…これはすぐに動き出すんです(笑)


土曜日ツリーを見に行った帰り、函館駅に寄り撮って来た“光の小道”です。

函館山と漁火の海漁火の海をイメージしたイルミネーションが輝いてます。



昨年見た時と何かイメージが違うな?雪が無いからかな?などと考えながら見ていたのですが、老化したオジサンの記憶ではわかりません(笑)

家に戻り調べてみると昨年は生地のままだった道南杉のフレームが今年は茶色に塗装されLEDも4万個増え12万個になったそうです。


去年のことを忘れるから今年も新鮮な気持ちで眺められるのでしょう。

記憶力の老化もアリかな??


次は雪が降ってから来ることにするか。