読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おい、鬼太郎…

日常・雑記 夕日

2日は妻の父と叔母さんの命日で、妻は仏壇に供える積みダンゴを作り実家と叔父宅に届けている。

今朝も白玉でダンゴを作っていたが、まるめたダンゴを見てオジサンの悪戯心に火がついた(笑)

妻にばれないように、そっと一粒拝借です。

味付け海苔をちぎりダンゴにペタンと貼り付けて、お猪口を探したが見当たりません。

「飲兵衛はちっちゃなお猪口は使わないか」と、ちょっと大き目のぐい飲みを出しPCの前でカメラを向けてると、肩越しに…

「お父さん!何やってるの!数かぞえて作ったのに足りないと思ったら…」
「ドキッ!…ああ〜ばれた〜っ…目玉のおやじ…水木しげるの供養…(笑)ぐい飲みじゃ大きすぎるけど…まあいいか…」

と怖い顔の奥方様をかわそうと必死なのである(笑)

「目玉のおやじ?(笑・笑・笑) お父さん、目玉のおやじが溺れないように、ずっと付いてなくっちゃ(笑)」
「・・・ほっ・・・」


♪岬のはずれに少年は魚つり♪そんな歌があったけどシルエットは小父さんのようだ(笑)

10月の印象的な夕日だった。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村