読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フワフワの落葉松林を歩く…

紅葉の終り頃、落ち葉の上をカサカサと音を立てて歩いてから半月、冬季休園に入った八郎沼公園を歩いて来ました。

閉じられたゲートの横をくぐり、まずはいつもの様に湖面を眺めてみる。

半月前に羽を休めていた水鳥の姿が見えません。湖面が雪で覆われる前に何処かへ旅立ち?

水に映る景色も初冬の様子に変わって来ました。

いつも歩く道をそれジュータンが敷き詰められたような落葉松林へ、人気の無くなった公園は静かで、時々遠くからコツコツコツと木を突く音が、コゲラだろうか?アカゲラだろうか?

ちょっと露を含んだ落ち葉の上はフワフワ「まるで雲の上を歩いているようだ」って思ったのだが…考えてみるとまだ一度も雲の上を歩いたことがない(笑)

いつもなら気をとめることも無い、落葉松のちっちゃなマツボックリが可愛く見えたのは何故?(笑)

落ち葉が描き出した緩やかな水の流れが綺麗です。

ぐっと冷え込んで来ました。

今夜は初雪かな??

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村