活火山です、恵山…

日本列島の火山活動が活発化してるのでしょうか?

今日午前中には鹿児島県口永良部島で噴火が発生しました。

今月だけでも御嶽山霧島山箱根山など噴火警報とか警戒レベルとか言う言葉を、何度も聞いたように思います。


ツツジを楽しんだ恵山、この山も気象庁による常時観測対象の活火山です。

前にここは来たのは20年も前だろうか?久しぶりに上まで行って見るかと火口原駐車場まで登ることにしました。

ツツジ公園からは車で15分程、標高差300mくらいです。


登山道途中の展望台からは津軽海峡を挟み下北半島がぼんやりと望めました。

太平洋と日本海を結ぶ津軽海峡、ここ恵山岬と下北半島尻屋崎を結ぶラインの東側が太平洋、西側が日本海津軽海峡)に分けられるそうです。

展望台から向かう恵山と登ってきた曲がりくねった山道。

展望台から緩やかに下る道を進むと火口原駐車場です。

この日はつつじまつりの最中だからだろうか?20台ほどの車が停まってました。

舗装された道を恵山に向かって歩きます。

15分程歩くとさっきまで眺めていた景色と一変、ゴツゴツした岩、荒々しい火山の景色に変わり硫黄の匂いも漂ってます。

歩道の左側には積み上げられた小石やお地蔵様が点在する“賽の河原”

岩やお地蔵様の間を埋めるように生える緑はガンコウランかな?

更にここから1時間ほど歩けば頂上まで行けるそうだが、ツツジ見物で疲れた脚が悲鳴をあげてきた(笑)

可愛い花が盛りのエゾイソツツジの中を歩いて戻ることに。

恵山から180度振り返る帰り道は、ほっとする緑と海向山です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村