恵山つつじ公園を歩く…

5月23日から始まった恵山つつじまつり”に出かけてきました。

土日は混雑するだろうなと月曜日に出かけてのですが、到着した10時30分すでに駐車場がいっぱいです。

「お父さん月曜日なのにこんなに混んでる、昨日はもっと混雑してたんだろうね?」
「昨日は露店が出たり、ものまねショーもやってたから3200人の人出だって新聞に載ってたよ…今日は混雑を避けた年寄りデーでまた混雑(笑)」

つつじ公園を歩き一息ついた後、前山頂上の展望台までツツジを眺めながら散策路を山登り、帰りには火口原まで行って見ました。

たっぷり6時間恵山で遊んで来ました。


恵山(道庁HPより)
恵山地区と椴法華地区の境に位置する標高618mの活火山で、低標高にもかかわらず、多様な高山植物が生育してます。
特に南東側斜面のエゾヤマツヅジ、サラサドウダン、ムラサキヤシオ等のツツジ類は有名で、5月下旬から6月上旬にかけて開花し、山肌が赤く見えるほどです。
頂上までは登山道でハイキングも楽しめるほか、標高300m強までは自動車道で上がることもできます。
自動車道の途中には、展望台があり、対岸の下北半島を間近に眺めることができます。自動車道終点の駐車場からは、恵山火口原や山頂にのびる遊歩道が整備されています。
この遊歩道からは、ガンコウランやエゾイソツツジミネズオウなどの高山植物や様々な樹木を見ることができます。
また、複数の噴気口や火山噴出物が一面に広がり、俗に「賽の河原」と呼ばれる独特の景観を作り出しています。


今日は恵山つつじ公園の様子です。

今日はふくらはぎがパンパン、歳のせいで2日遅れての筋肉痛です(`×´)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村