読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下海岸を歩く(水無海浜温泉1)…

恵山灯台から坂道を下り海岸へ出ると水無海浜温泉に出ます。

水無海浜温泉は函館市が管理する海辺にある天然の露天風呂で、誰でも無料で入浴できます。

潮の満ち引きで日により入浴できる時間が変わります。

満潮の時には水没するので干潮時のみ入浴できますが、潮の状況により湯船に流れ込む海水が変わり湯温もその時々で違うようです。

海辺にある天然の露天風呂…当然仕切りや目隠しになる壁などは無く男女混浴です。

近くに脱衣室がありますが(写真左の建物)、ここから湯船まで15mほど、生まれたままの姿で歩いていくのは相当の勇気が必要なようです。

裸に自信あり、ご披露したい方は別ですが(笑)

正面にある高さの違う二つの湯船と左奥にある湯船。

辺りを眺めながら写真を撮っていると、駆け足でやって来たお兄さん、湯船の縁で裸になり勢い良くお湯の中へ。

「湯加減どうですか?」
「ちょっとぬるいけど気持いいよ。しっかり温まらないと出たら風邪ひきそう(笑)」

湯船の先にある四角い島のようなものは何だろう?

ここでフノリ採りをしているお父さんに聞いてみると「波止めだ。こっちに積んだ玉石も浴槽に波が行かないように積んだやつだ」と教えてくれました。

そして脱衣室の奥にあった大きな岩…なんと読むのだろう?これもお父さんに聞けばよかったな。

さあ、どうしようかな?湯船を眺めながら暫らく考え込む…

オヤジの入浴シーンなんて色っぽくネ〜ッ!!続きは明日(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村