新旧街中散歩(十字街と操車塔)…

戦前は函館随一の繁華街として栄えていた十字街です。

街並が東部へ広がり繁華街も大門地区、五稜郭本町地区へ移っていきましたが、元町西部の坂道やベイエリヤに近い十字街電停はクリスマスファンタジーなど冬フェスの間、沢山の人たちに利用されます。


昭和30年頃の十字街電停

十字街交差点と銀座通り(写真左側が通りの入り口)辺りには、かつての賑わいをしのばせる建物が多く残ってます。

【操車塔】
このキノコのような建物は操車塔といい、昭和14年(1939)に交差点での電車信号現示とポイントの切り替えを手動による遠隔操作をするために立てられたもので、現存する路面電車の操車塔では国内最古といわれてます。
この操車塔は、高さ5.4m、制御室直径1.9mあります。
昭和44年(1969)当時には市内には6基ありましたが、施設の自動化などにより順次姿を消し、この操車塔だけが、平成7年(1995)6月まで電車信号機の制御装置が置かれ使用されておりました。
当時交差点向かい側に建てられておりましたが、道路改良にともない平成7年9月、現在地に移設し、形態保存しております。
(案内板より)

昭和30年十字街交差点と操車塔

二枚目の写真左側の北洋銀行看板の下辺りに建ってました。

昭和30年十字街電停から大町方向の電車通りです。

現在も活用されている建物は勿論、電柱や街灯の位置まで同じ様です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村