読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新旧街中散歩(谷地頭電停)…

函館市電、宝来町谷地頭線の終点、函館山の東側麓にある谷地頭電停です。

昭和46年4月の写真
電停名の標識と安全地帯だけの電停です。

現在は待合室や屋根のかかった安全地帯、以前この坂道を下ってきた電車が滑り、止りきれずに車止めに激突、そんなニュースがあった…何時だったかな?

函館山に向かい左側に続く坂道を900mほど歩くと津軽海峡をを挟み下北半島津軽半島を望める立待岬へ出ます。

道の途中には啄木一族の墓なども。

また右側へ真直ぐ延びる道の先には函館八幡宮箱館戦争旧幕府軍の慰霊碑「碧血碑」もあります。

ちょうどこの頃、小父さんは高校一年生、此処の電停から碧血碑まで歩いた…初デートの思い出(笑)


昭和30年代、函館山側から見る谷地頭電停辺りの写真。
右側の蕎麦屋さん現在も此処に、美味しい蕎麦屋さんです。

坂道の左奥には函館公園、400m程手前の青柳町電停で降りるとすぐ近くです。

昭和50年の青柳町電停と現在の電停。

   

昭和30年頃の谷地頭電停脇の商店。
店先の看板が昭和の雰囲気たっぷり…。
何をして遊んでるのかな?皆同じ方を見てる。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村