読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よこすか、うらしま公開…

6月2日に弁天町に函館市国際水産・海洋総合研究センターがオープンしました。

函館国際水産・海洋都市構想のシンボルとして、学術試験研究機関や民間企業が一堂に入居できる研究室や、調査研究船が直接接岸できる岸壁など、水産・海洋分野の研究開発支援や産学官連携を促進するための各種施設を備えています。

今日はここで“しんかい6500”の母船「よこすか」“海洋探査ロボット”「うらしま」に一般公開が行われているので見学に出かけました。

先日の一足早くやって来た暑い夏の天気は何処へ?…14℃ほどの肌寒い雨になりました。

護岸付近は風もあり、半袖のポロシャツにウインドブレーカーを着ていても寒いほどでした。



函館港にグッと突き出た位置に建てられたセンターには展望ロビーもあり、一般にも開放されてます。

天気の良い日には函館港の綺麗な景色が楽しめそう…今日は残念だった(〃´o`)

ここは土日祭日は休みです…平日の晴の日か…いつ来れるかな?

今日は一般公開に合わせて臨時開館、展望ロビーから海洋調査船「よこすか」です。

到着少し前にパラパラ降り出した雨、あわてて撮りました。

横須賀の操舵室から…ここから函館港の眺めは今日だけなのに、生憎の雨降りだ!

“海洋探査ロボット”「うらしま」…女性の見学者が多いのに驚いた(笑)

これがロボット…ロボットと聞くと人間のような形をしたものを思い浮かべるのは何故?…お歳?
“しんかい6500”も見てみたい…いつかチャンスがあるかな?


展望ロビーや建物内部の写真も数枚撮りましたが、次回天気の良い日に再訪問してここからの眺めとともに…

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村