読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本最古の写真です…

見学・体験等

朝から雨です。
今日で4日すっきり晴れた青空や太陽、雪や星の見える夜空も見えません。
こんな日が続くと気持ちまで落ち込みます。
明日からは天気も回復してくるようです。
青空を見て元気も回復しなくては。

午前中五稜郭公園近くにある総合病院へ友人の見舞いに行き、帰りに隣にある函館市芸術ホールで、今日から開催の「第60回記念 写真道展」
「第31回 学生写真道展」を見て来ました。

300点近い展示があり、とても印象深い素晴らしい作品を見てきました。

私は朝からボーっとしてたのでしょう?カメラも忘れ会場の様子の写真もありません(-_-;*)…

そんな写真絡みではありませんが、先月坂道散歩の時寄った函館市写真歴史館」を。

旧函館区公会堂のすぐ隣、元町公園に建つ明治時代の洋風建築“旧北海道庁函館支庁庁舎”を活用してます。
1階が元町観光案内所、2階が「函館市写真歴史館」になってます。

我が国最初の開港場として海外に門戸を開いた函館は、欧米各国からもたらされた様々な文化にいち早く触れ、それを自らの生活に積極的に取り込み、発展させてきました。

写真もその一つで、同じく開港場であった横浜、長崎とともに、函館は日本写真の礎として、今日の写真技術の発達に大きく関わってきました。

写真歴史館では、開港がもたらした「函館の写真文化」の歴史を、多くの方々に伝えていくこととしています。
リーフレットより)




日本最古の写真 「銀板写真 (石塚官蔵と従者)」です。

嘉永7年(1854)のペリー日本遠征に同行した写真家ブラウンは、日本に風景や、ペリーを応接した3人の松前藩士を撮影し、その写真が斯く各々に贈られました。

左上の写真、刀と着物の合わせが逆です。

左右逆像で写る銀板写真ですが、この従者だけは左前にしなかったのでしょうね…。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村