雪を待つ大沼…

今朝、窓から見える横津岳の山並は白く化粧してました。
一日を通して一桁気温の寒い日です。
午前中には少し日差があったものの午後には雨、どんよりと暗い日になりました。

「こんなに暗いから、昼間のうちに夜景撮影に行くかな…」

気持ちまで暗くならないように、こんな冗談を言ってみたのですが・・・

そこには冷ややかな眼差しのお方が…「(小声で)おお〜っ!コワ…」(≧≦)

昼間っから、電気を点けての読書です。

幸いまだ老眼鏡は必要としてませんが、新聞や本を読むときは近眼鏡をはずして…其のうちに近眼と老眼、両方必要になるのかな?


昨日、森町からの帰り道、大沼公園を通ってきました。

雪を待つ初冬の寂しい写真になってしまいました。

・・・ここで何か明るくなるコメント、と考えたのですが出てきません・・・

静かに寄せるうねりが落ち葉で埋め尽くされた岸辺で“チャポン チャポン”と…氷で覆われる前の囁きです。

函館側からの駒ケ岳です…

南側斜面は雪が解けたのでしょう…

わかさぎや沼エビ漁をする船も寂しそうに見えます…

漁をする様子も寂しい写真になってしまいました…

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村