ハイカラ號は来ない、意地をはって、ずぶ濡れ…

今日、夜半から雨との天気予報も大外れ、朝から雨が降り出しました。

明治時代の電車を復元した“ハイカラ號”の今シーズン運行が10月いっぱいで終了とのことで「今年も乗っておこう!」と出かけました。

妻がお出かけの用事があり、これは丁度いいと…

「おかあさん、湯川電亭まで乗せてってよ…」
「何かあるの?」
「うん、ゆのちゃんカレンちゃんとデート…」
「ふう〜〜ん?」

湯川電亭附近で車を降り“ハイカラ號”を待っていると、パラパラ小降りだった雨が強くなってきます。

予定時刻は9:06…天気予報通り夜からの雨ならすぐ上がるだろうと、手にしたのは小さめのビニール傘、足元から少し濡れ出してます。

“ハイカラ號”が来ません。やってきた別の電車の運転手さんに、

「ハイカラ號、運行してますか?」
「この雨で、今日は運休になったよ」
「エエ〜ッ!」
「乗りますか?」
ちょっと躊躇したものの
「いえ、乗りません!!」

ちょっと意地になり、雨の中をトコトコ歩くことにしました。

湯川終点から400m、一つ目の湯川温泉電停へ…

「すぐ近くの足湯で休もうかな?…いやいや、ここで休んだら歩きたくなくなる!」

300m、次の市民会館前電停…老朽化した会館を函館アリーナとして建て替える工事が始まったようです…

さらに300m駒場車庫電停へ、雨が強くなってます。

駒場車庫は市電の車庫です。
奥の方に目をやると“ハイカラ號”がライトを点けて停まってます。
カメラを向けたこの時だけスっと雨が小降りに…

また300m、競馬場前電停、土砂降りに、肩から両腕、腰から下はずぶ濡れです。

ここが限度か?…寒いです。
競馬場へのアプローチ庇の下で、

「おかあさん、用事済んだ?」
「ちょうど今終わった…」
「迎えに来れる?」
「どこ?」
「競馬場電停」
「20分くらいかかるけど、何処かで休んでる?」
「ううん、ここにいる!」

帰り道…

「デートどうでした?」
「またふられた…」

雨の中の出来事でした。

昨年の日記から“ゆのちゃん”“カレンちゃん”の紹介です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村