坂道散歩(15) 「幸坂」…

久しぶりの御前様でした。
還暦同期会後の二次会は、42年振りに再会した旧友も含め5人で朝の3時まででした。
皆、歳をとり見た目は変わったものの、気持ちはすっかり18歳、お互い呼び合う名前も言葉遣いも昔に戻り楽しい時を過ごしました。
しかしながら、やはり還暦過ぎ、今日は一日ボーッと二日酔いの体を休めました。


15番目の坂は「幸坂」へやってきました。

【幸坂】

昔、坂の中ほどに神社があり、これを神明社といったので、この差かも「神明坂」と呼ばれた。

神明社は明治7年(1874年)山上大神宮と現在名に改め、のち坂の最上部へ移転した。

明治8年、坂下の海岸が埋め立てられ、幸多かれと幸町(現弁天町)ができたので、町名に従い「幸坂」となった。




大町電停と終点函館どつく前の中間あたりから、函館山に向かい650m程まっすぐに伸びる広い坂道です。

坂の最上部には山上大神宮の鳥居がかすかに見えます。

また、山上大神宮手前右には旧ロシア領事館が建ち、この辺りから見下ろす港景色もなかなかの絶景です。

旧リシア領事館…

山上大神宮…

道脇の骨董店や住宅…

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村