坂道散歩(8) 「八幡坂」…

すっきりと晴れ最高気温も23℃(少し暑いかな??)気持ちの良い一日でした。

坂道散歩は「八幡坂」です。

函館駅から赤レンガ倉庫が建ち並ぶウオーターフロント沿いの道を函館山に向かい進むと、レンガ造りに蔦の這う西波止場美術館に突き当たり、更に少し進むと「八幡坂」です。

【八幡坂】
基坂上の函館奉行所付近にあった八幡宮が文化元年(1804年)奉行所の拡張工事に伴い、この坂の上に移されたことからこの名が付いた。
八幡宮は明治11年(一八七八年火災によって焼失し明治13年現在の谷地頭に移った。






坂道沿いには、これといった目立つ建物や観光施設はないのですが、とてもロケーションの良い人気の坂道です。

美しく整備された石畳、両側の歩道はスロープと階段、坂の上まで手すりも整備されてます。

函館港を見下ろすと旧桟橋に係留された青函連絡船摩周丸”、
コマーシャルやポスターで見かける景色は此処からです。

この日も坂の上にはカメラを手にする団体さんが撮影待ちの列をつくってました。

観光スポットへの案内板にも心遣いがされてます。

 
 

1878年(明治11年)5月28日、フランスより修道女3名来函
(ヌール・マリ・オギュスト、ヌール・マリ・オネジム、スール・カロリーヌ)
この地に教育、福祉事業を始める、と記されてます。

嘗ては此処に白百合学園高校がありました。

道脇の住宅です

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村