読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂道散歩(7) 「大三坂」から「チャチャ登り」…

函館の坂道

朝からそれほど強く降ることもなく、しとしと降る雨の一日になりました。

昨日夕方に突然熱が出てきて、早めに布団に潜り込みました。
知恵熱?なんて言う歳でもなければ、熱が出るほど頭を使っていないはずなのに。
今日はお昼ころまで布団の中、熱が平熱まで下がったら、喉がイガイガ…朝夕の気温差が大きかったので風邪かな?
喉以外はいたって快調なのに…。

坂道散歩は私の大好きな坂道「大三坂」です。

「大三坂」を登りきると、更に函館山に向かって「チャチャ登り」、狭い石畳の坂道が続きます。

【大三坂】
昔、坂の入口に大三という家印の郷宿があったのでこの坂の名が付いた。
郷宿というのは、地方から公用で出てくる村民が泊まった宿である。
それ以前は木下という人の家があったので「木下の坂」と言った。
昭和62年(1987年)「日本の道百選」に選ばれた。

「大三坂」は自然の割石を並べたような石畳の坂道が続きます…

坂の始まりには昭和初期のコンクリート造りの建物や明治後期に建てられた二階にアーチのベランダがある建物が並びます…

坂の途中の蕎麦屋さんとパン屋さん…

ことらは喫茶店と床屋さん…

そして「チャチャ登り」へ。


【チャチャ登り】
函館では珍しいアイヌ語の坂名で、幕末の頃付いた名前らしい。

チャチャとはおじいさんのことで、この坂が急なため、前かがみに腰を曲げて登る姿が老人に似ていたことから「チャチャ登り」と呼ばれた。

「大三坂」の上と「チャチャ上りの」両脇には、三つの教会があります。

 

教会の姿は次回ご紹介します。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村