読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂道散歩(6) 「二十間坂」…

函館の坂道

秋らしい気持ちの良い天気が続いています。

坂道散歩は「二十間坂」へやってきました。

かつて、坂上に大工や工人が多く住んでいたことから「大工町坂」とも呼ばれた。

函館は大火が多く、明治12年(1879年)の大火の後、防火帯として出来た坂で、路幅が二十間(約36m)あるので「二十間坂」と呼ばれた。
函館駅から朝市を抜け明治館前を通り、まっすぐ函館山に向かうと石畳の広い坂道へ突き当たります…

 

石畳の坂道を歩く姿は絵になりますね…

坂の両脇には時代感あふれる建物を活用したお店や住宅が並びます。
また新しい建物も街並みにマッチした建物です…

坂道を登った突き当りからは、お隣の坂道沿いに建つ教会も顔を見せだします…

日本最古の鉄筋コンクリート造りの寺院、東本願寺函館別院、お寺と教会のコラボです…

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村