読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂道散歩(2) 「あさり坂」…

少し雲が多い青空、気温も26℃と少し夏に戻ったような一日でした。


函館山の麓には海に向かって多くの坂道があります。

道沿いには明治から昭和初期に建てられた教会や商家など歴史を感じられる建物が数多くあります。

観光パンフレットなどで目にする美しい景色が眺められる坂道や、民家が並び地域生活と密着した坂道を「住み慣れた街に何か新しい発見があればいいな」とぶらぶら歩いてみることにしました。


明治11年(1878年)英人ジョン・ミルン、米人エドワード・モースらが来函し、函館在住の英人ブラキストンと強力して貝塚などを発掘したが、この坂の付近から古代人の食べたアサリ貝の殻が数多く発見されたので「あさり坂」と命名された。












「青柳坂」の後、すぐにお隣の「あさり坂」を歩きました。

18坂道のうち唯一ひらがな表記で距離も300mほど、観光地とは縁の無いような住宅地の坂道ですが、歴史ある商店や民家の建物もあり楽しめる坂道です。


坂の麓には老舗の肉屋さん“阿さ利”があるので「あさり坂」はこの店名からと思ってました。
この散歩での大発見(笑)

道の途中にお米屋さんの建物、今は営業していないのかな?
昭和式の擬洋風建築、、思わず板戸の店先に立ちトントントンとノックしてしまいました…

隣の「護国神社坂」へつながる道沿いに素敵な民家が…

坂の上にもこんな素敵な民家…

登りきった脇には思想家、文芸評論家の亀井勝一郎文学碑があります…

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村