帆船“日本丸”入港…

気持ち良く晴れた一日でした。
早朝は18℃程、日中の最高気温も26℃台と一歩ずつ秋に近づいてます。

先日24日に函館港の外に停泊している日本丸を載せましたが、今日午前中に西埠頭へ入港するということで勇んで出かけてきました。

帆船が最も美しく見えるのは全ての帆を広げた姿(総帆展帆・そうはんてんぱん)でしょう。

今回の入港ではどうなんだろう?と…

埠頭へ到着すると地元ケーブルTVのカメラが来ていたので、

「今回、帆を広げるという情報ありますか?」
「ボクも全く知らないんだよね」
「見たいですね…」

暫く入港の様子を眺めたあと、タラップから接岸状況を確認に降りてきた制服さんに、

「停泊中に帆をはる予定ありますか?」
「今回はありません」
「残念!見たかったな!」
「ごめんなさい!」
本当に・・・・・残念!!

タグボートに押され入港する日本丸

接岸です…帆を張った姿が欲しい…

「太平洋の白鳥」と呼ばれる日本丸、後ろ姿も美しい…

レディーのお尻?ゴメンナサイ(^^♪

船首像『藍青(らんじょう)』です…

空を舞う天女を思わせる姿、しとやかに合掌している女性像が航海の安全を守ってくれます。

姉妹船“海王丸”には笛を持つ女性像、妹の『紺青(こんじょう』が見守ってます。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村