読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモリアルシップ “摩周丸” (2)…

撮り鉄・撮り船 見学・体験等

明け方の気温は21℃、お腹にかけたタオルケットだけでは寝冷えしそうな朝でした。

日中は一時ザーッ!と降った雨もすぐにあがり、最高気温は26℃と過ごしやすい日でした。

猛暑や豪雨で被害を受けた地方にお住まいの方には、お見舞い申し上げます。

昨日の続き、摩周丸の内部見学です…

操舵室と無線通信室は運行当時のまま残されてます。
操舵室(船橋・ブリッジ)船の運行、操船の指揮所です…

操舵室からの景色…

一面真っ青な海、荒れた海、雨や雪の海、函館青森間を35,493回
地球100周する程の距離を往復した摩周丸です。

無線通信室…

操舵室や無線通信室は今このように見ることができましたが、運航当時は一度も見たことがありませんでした。

私の記憶(思い出)にある船内といえば、デッキ、客席、食堂でしょうか。
改修され食堂の様子を見ることはできません。

デッキは昨日の写真を…
そして改修されたものの、当時の様子を残した座席と椅子席です。


 

暫く座席に横になり昔のことを、いっぱい思い出してました。
飛行機や列車に比べ青函連絡船での思い出は沢山あるような気がします。
それは青函連絡船が無くなってしまったからなのでしょうか?

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村