風立ちぬ…

雨の予報です。

今朝、TVの天気予報で「道南はお昼前から潤いの雨になるでしょう」と、
同じ雨でも「潤いの雨」と聞くと嫌な気持ちにならないのが不思議です。

午前中に映画を見に行ってきました。

宮崎駿監督作品の風立ちぬです。

「アニメーション映画は子供のためにつくるもの、大人のためにつくっちゃいけない」
と言っていた宮崎駿監督の大人向け?のアニメ作品です。

 

子供たちが大きくなってから、映画館にアニメ映画を見に出かけることなどなかったのですが、今日は一人で行ってきました。

妻と一緒に出かけても、何時も離れて座ります。
コンサートや美術館などでも別々に離れます。
知っている者が近くにいると自分の世界に入れないので、あまり好きじゃありません。
涙がこぼれそうな映画の時は、特に嫌です。
コンサートは好みが違うので一緒のことは殆どありません。

私はシニヤ割引ですので、何時でも千円ですが、妻は女性千円のレディースデイに行くことになりました。

映画を見ての感想は…皆さん見てください…上手に書き伝える力量がございません。

堀越二郎零戦を作った人ということぐらいしか知りません。
堀辰雄の小説風立ちぬは読んでませんが、昔、山口百恵三浦友和の映画を見たことがあります。

「いざ生きめやも」・・・・難しい言葉ですね。

エンディングの荒井由実ひこうき雲が新鮮に聞こえてきました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村