雪原を真っ二つ…

 大野平野一面に広がる真っ白な雪原を真っ二つに分けるかの様に、新幹線の高架橋の工事が進んでいます。
 
 青函トンネルを抜け50km程で大野平野に入ります。

 2015年函館までの開通に向けて急ピッチで工事が進んでいます。

 (左)木古内側、北斗市清川あたりから(右)渡島大野駅側に延びる高架橋…

 左奥山肌に白く見える所が仁山スキー場、仁山駅、この一つ手前が渡島大野駅で新しい駅の工事が進んでいるところです。

 この付近では高架橋下部の工事はほとんど終わっているのでしょうか?
 所々に上部への昇降用足場が掛かっているだけです。

 クレーン車で上部に騒音防止のためのコンクリートパネルの取付が行われています。

 函館市は“新函館”北斗市は“北斗函館”と新しい駅名を希望してはいるものの、まだ決定していません。

先日、北斗市役所に新駅舎の模型が届きロビーで一般公開されています。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村