読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偉そうに豆をまく訳を…

 まだまだ寒い日が続いていますが、昨日が節分そして今日は立春です。
 我が家でも昨日は節分の豆まきをしました。
 此方ではあたりまえと思っている落花生で
 「鬼は外〜ッ! 福は内〜ッ!」
 家長や歳男ではなく、主役は孫娘です。
 鬼役は息子と私…手加減なしの豆攻撃に
 「マイッターッ!」「タスケテーッ!」と退散です。

 年の数だけ豆を食べて健康な一年を…
 些か食するにはきつくなった豆の数…
 我が家では恵方巻きを頬張る習慣はなし…

 こんな時に偉そうに豆をまく訳を…孫娘がもう少し大きくなったら、子供たちに話ししたように…

 昔、京の都鞍馬山に鬼が住んでいました。
 鬼はいつも悪いことして、村人たちをいじめていました。
 村人たちはなんとか、この悪い鬼をやっつけたいと神様にお祈りしました。
 毘沙門天という強い神様があらわれ
 「鬼の目をめがけて、豆を投げつけやっつけろ」
 と教えてくれました。
 また鬼が村にやってきた時、村人たちは鬼の目をめがけ豆を投げつけました。
 鬼は「マイッターッ!」「タスケテーッ!」と山奥へ逃げて行き二度と村に現れませんでした。

 七福神の一人毘沙門天は鬼の目めがけて、三石三斗の豆を投げつけるよう言い残したそうです。
 鬼の目“魔目”めがけ“魔滅”する  豆、豆

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村