白鳥台セバットで…

 昨日、駒ケ岳を眺めながら白鳥台セバットまで来てみました。

 ここは大沼と小沼がつながっている場所で、セバットとは狭い所を意味するそうです。

 大沼、小沼の殆どは冬期間凍結しますが、この場所は水の流れがあるため凍結しません。

 小沼には峠下にある発電所の取水口があり、大沼から小沼へとここを水が通るので流があるとの事です。

30〜40羽のオオハクチョウマガモ等が集まってます。
 灰色がかった色をしている白鳥は幼鳥です…

 砕けた薄氷の間を餌を探しながら…

 本当に流れがあるの?と思うような水面…

 冷た〜い!?


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村