こもまき…

 国道5号線、赤松街道。
 毎年行われる、害虫駆除の『こも巻き』も終わり、雪を待つばかりの赤松です。
 稲わらを粗く編んだ「むしろ」を赤松の幹に巻きつけ、「荒縄」でしっかりと結わえてます。
 腹巻かレッグウオーマーの様にも見えます。

歩道側に迫出した幹に「こも」とトラ模様に反射ベルト…

駄々っ子のように横に伸びた幹にも…

赤松一本ごとに番号が付けられて…

今日は4週毎の定期検診日です。
病院に行ってきま〜す。

【ちょっと調べてみました】
⇒国道5号線、桔梗から峠下までの14.3kmの間に、役1400本の赤松が植えられている。
⇒1857年函館奉行所支配頭である、栗本瀬兵衛が故郷の佐渡から取り寄せた赤松の種を、七飯官園で育成し植樹した。
⇒赤松は「雌松」とも言われる。「雄松」は黒松。

⇒10月に始まる『こも巻き』ですが、「赤松街道を愛する会」が主催する「こも巻き体験会」が毎年行われるそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村