新幹線高架橋を背景に…

 稲わらロール
黄金色をしていた稲も刈入れが終わり、雪の季節を待つばかりの風景です。
 ロール状の稲わらが転がっている風景は、芸術作品の様にも見えます。

 私の中にある、稲わらロールが転がっている風景は、稲刈りが終わり筋状になったたんぼ、点々と転がるロール(ここまでは写真と同じ感じ)…遠くには薄らと頂が白くなった山並みが…。
 背景は山並みではなく、北海道新幹線の高架橋を作っている工事現場です。新しい駅ができる、すぐ近くの高架橋です。
 新幹線の営業が開始される頃には、この辺りのたんぼの景色も変わっているのでしょうか?


 たんぼ脇道の消火栓。
近くに民家も無いのですが…。
北斗市の消火栓は赤色です。

函館市内で見かける消火栓は黄色です。
「赤色の消火栓もある」と言うことを聞いた事があるのですが、まだ見つけたことはありません。

 福島町から七飯町までは、トンネル、橋梁、高架の連続のようですね?
作業区域の入り口から、中を覗いて見ました。

すぐにガードマンさんが近づいてきました…「ゴメン!」

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村