柏木ゆのさんに逢えなかった!

 朝目覚めると、突然市電に乗りたくなった!
市電には25年近く乗ってない。
 昨夜、若い頃の写真を整理しながら、とても懐かしく大好きだった西島三重子さんの「池上線」をユーチューブで繰り返し聞いたからだろうか?
 あれこれと昔を懐かしみながら…。

 早速、函館市企業局ホームページで時刻チェック。
 函館ハイカラ号は10月31日で今年度の営業終了…。
「よし!ハイカラ号に乗ろう!」

 9:06湯の川発・9:50函館ドック前着  これに決定!
 妻に「ハイカラ号に乗って来るから、湯の川まで送って!」と…

 湯の川電停には、20人くらいの人が電車待ち。
 ハイカラ号と普通の車両か並んで入ってくる。殆どの人たちは普通の車両へ…私と同年輩くらいの御婦人と二人だけがハイカラ号に乗車です。
 乗車してすぐに、男の車掌さんが「おはようございます。どちらまででしょうか?」
 『エェ〜ッ! 柏木ゆのさんは???』

「おはようございます。終点、ドックまで」 
「一日乗車券とか、お持ちですか?」
「いいえ」
「それでは250円になります」
「少し揺れますので、ご注意くださいね」
…ソフトな口調で親切に…
でも、やっぱり『柏木ゆのさんに逢いた〜い!』

2007.10.26抗癌剤治療(FOLFOX6)の開始から5年経過、6年目突入です。
こんな日に、電車に乗れるとは……。