ワッショイはこだて(1)…

函館港まつり、2日、3日は港踊りやいか踊りなどで街を練り歩くパレード“ワッショイはこだて”が行われました。

2日、十字街・松風コースのパレードを見に行って来ました。

4時半スタート9時過ぎまでの予定ですが、5時間は無理だなと日没時刻をめがけて出かけ2時間ほど楽しみました。



昭和9年の大火からの復興に向け昭和10年に第一回港まつりが開催されたそうですが、この年が函館開港(1859)から77年、戦時中の中断などもあり、何回目ではなく開港158年記念と表してるようです。


今年シンガポールから初参加の“マルチエスビック・ダンスアンサンブル”が活気ある踊りで盛り上げてます。


“ワッショイはこだて”と言ったらやっぱりこれでしょう。

“はこだていか踊り”飛び入り参加ОK、初めての方でも直ぐにノリノリで踊れるよ!


沢山の神輿や山車、箱館ハイカラ號も参加です。

港まつりのスタートは花火から…

1日から函館港まつりが開幕、スタートは第62回道新花火大会です。


妻と息子一家と一緒にお出かけ、帰りに混雑に巻き込まれない場所が良いなと海岸町船だまりへ出かけたのですが、ここも沢山の見物客です。


ともえ大橋高架の下…ああ~っ、高く上がった大きな花火は半分カット、音だけド~~ン!!場所選びは失敗かな?(笑)


2日、3日はワッショイはこだて、楽しいパレードと美味しいビールが待ってるぞ!

四年ぶりの函館野外劇…

30度超えの夏日が5日もあった暑い7月もあっという間に過ぎてしまいました。

明日から函館に夏の訪れを告げる“函館港まつり”もスタート、益々暑い夏の始まりになるのかな?



29日、孫娘と一緒に“函館野外劇”を観に行ってきました。

2014年にお堀の石垣の崩落が見つかり公演場所をかえてから足が向かず4年ぶりのお出かけです。


函館の歴史を魅せる五稜郭を舞台とした野外劇、初めて観る孫娘の思い出にと写真を撮ったのですが、三脚ストロボ無しISO12800で手ぶれ覚悟の記念写真です(笑)


オープニング、アイヌの踊り。


黒船来航、多くの国々の進出。


五稜郭の完成、函館戦争。


港の繁栄、港まつりの始まり。


フィナーレ。


帰り道孫娘の一言…「途中で飽きちゃわないか心配だったけど楽しかった。私も出てみたいな…」