久しぶりの夕日…

春先までは毎週のように夕日を眺めに出かけていたのに、夏頃から全く出かけてない。

これまでは昼食後1,2時間机に向かっていたのに、食後2~30分昼寝をするようになったからだろうか…この昼寝は老化の現れ?(笑)

これで少し生活のリズムがずれ,夕方机に向かうのが原因かな。

夕日フェチ?としては「これじゃいかん!」と久しぶりに日没時刻に中央埠頭まで走ってきました。

日が短くなり4:15が日没です。

赤い鳥小鳥?…

11月も半分過ぎてしまいました。

数日家を空けていただけなのに辺りはすっかり冬の気配です。

函館では13日の未明にみぞれが降り今冬の初雪を観測、平年より10日昨年より14日遅いとのことですが、秋はとっても短かったように感じます。


街では12月から始まる冬のイベントに向け準備が進んでるようです。

海を眺めに行ったら北埠頭ではカナダから届いた大きなモミの木に飾りつけも始まってるようです。

我が家でもタイヤ交換など冬支度を急がなくては。


♪赤い鳥小鳥 なぜなぜ赤い 赤い実をたべた♪ こんな童謡がありましたね。

赤い実を啄むこの子、いつまで経っても真っ黒なままです(笑)


秋の名残り…。

まだまだ秋色 函館公園…

函館公園を歩いて来ました。

「もう紅葉も終わりだろうな」と思いながら出かけたのですが、まだまだ秋色がいっぱいです。



“カラフル”?…日本語で何かいい言葉が無いのかなと思いながら眺めてた。


真っ赤に染まったドウダンツツジ


黄落、風が吹き地面をクルクル回りながら飛ぶ落ち葉を撮ろうと待ったが、穏やかなこの日、風が吹かなかった。


日差しを受け美しいソメイヨシノ


木漏れ日に照らされたアジサイ


秋色のなか春の花ツツジ一輪。